>

衣類の収納方法を把握しよう

この記事をシェアする

わかりやすく収納すること

衣替えをしようと思った時に、どこに衣類を入れた衣装ケースがあるのかわからなくて悩んでしまう人が見られます。
すると衣替えが終わるまでに、かなり長い時間が掛かります。
他にもやらなければいけないことがあるので、時間を無駄に使わないでください。
またようやく衣装ケースが見つかって衣替えが終わったとしても、それだけで疲れてしまいます。

衣装ケースに名前を書くだけで、すぐに衣類の入っている衣装ケースが見つかるので時間を短縮できます。
特に様々なものを衣装ケースにしまって、収納している家庭は名前を書かないとどれに何が入っているのかわからなくなります。
衣装ケースに書きにくい場合はガムテープを貼り、その上に名前を書くのが良い方法です。

誰の何が入っているのか

ただ衣類とだけ書いていても、誰のものなのかわかりません。
誰の、いつ着る服なのかわかるように書くことがコツです。
衣装ケースを見ただけで、自分の求めているものなのか判断できるように収納することを意識しましょう。
それならたくさんの服がある家庭でも、すばやく衣替えが終わると思います。

衣替えをしようと思ったら、すぐに行動してください。
後回しにすると、夏の暑い季節になったのにまだ長袖で過ごすことになります。
夏になる前に、半袖を出しておきましょう。
綺麗に収納すると衣替えが楽になるので、積極的にできると思います。
夏なのに暑苦しい恰好をしていると、身体を壊す危険性があります。
早い段階で衣替えを済ませてください。


トップへもどる