>

よく着る服を上に置こう

この記事をシェアする

お気に入りの服を失くさない

気に入って、何度も着用している服があると思います。
来年も着られるように、わかりやすいところに収納してください。
衣装ケースの奥にあると、どこに行ったのかわからなくなってしまう危険性があります。
お気に入りの服は、衣装ケースの上の方に入れるのがおすすめの方法です。
逆に、あまり着ない服は下でも良いでしょう。

そのように、衣装ケースに入れる順番をよく考えなければいけません。
綺麗に収納できるよう、服を着る頻度を考えてください。
また衣装ケースは透明なものが多いです。
外からお気に入りの服が見えると、すぐに服が入っている衣装ケースだと認識できるでしょう。
面倒だからと、適当に服を詰め込まないように注意してください。

同じデザインの服は見つからない

服を失くしたら、また同じような物を買えば良いと思っている人が見られます。
しかし同じデザインで同じ着心地、さらにサイズが合う服は見つかりにくいです。
もう2度と見つからないことも多いので、お気に入りの服は絶対に見つからないよう意識してください。
また衣装ケースに入れる際は、綺麗にたたんでください。

適当に入れると、シワが付いてしまいます。
すると着る前にアイロンを掛けなければいけないので、無駄な手間が掛かります。
綺麗に入れていればシワが付かないので、衣装ケースから出してそのままタンスに入れられます。
それも衣替えがすばやく終わるための工夫と言えるでしょう。
丁寧にたたむとコンパクトになるので、たくさん服を入れられます。


トップへもどる